アラカルト

3月満月 ブルームーン☆


3月は頭の満月と
そして30日にも満月です。

このような現象をブルームーンと言ったりしますが、
それは占星術用語でも天文用語でもありません。

本来は大気中の塵の関係から月が青く見える事が稀に起こり、それをブルームーンと呼称したのですが、
月に2回起こる満月にも適用されるようになったのです。

しかしいずれにしても
ごく珍しい…という事は共通の意味で
実際、月に2回の満月は珍しい事なのです。

今年はそんなブルームーンが
1月と3月に2回も起こるわけですね。

ですから
イレギュラーなこの今年のメッセージを
☆に関わる身としては取り上げずにはいられない訳です♪

ブルームーンから読めるのは

意思の強さです。
そしてそれは深い深い絶望感のようなところから来ています。

なんて深いのでしょう!

太陽は牡羊座でさんさんと輝き
月は土星と共に太陽の対極地点である天秤座にあります。

火星は太陽へと
火花を散らすようにエネルギーを送っていますが、
山羊座の冥王星は火星の介入には大して動じる事もなく、
静かに鋭く疑問を投げかけてくるようです。

でも
太陽は太陽です。
もうその輝きを止める事ができるものはいない
といった太陽です。

スゴイ!

そしてこれは
今年への天空からのメッセージです。

抽象的に聞こえるかと思いますが、
いつも話すように運命が具体的に予め存在するわけではなく、
そこにあるのは核心となるシンボルだけです。

そこへの「到達手段」が
よく私達が運命という言葉を使う部分です。

ですから手段はいくつもあり、どれを選ぶかは自由
という意味で運命は決まってないのです。

けれども
「核心」も運命と呼ばれる部分を含みますから
その意味では
多少ですが運命は存在する事になりますね。

とはいえ
意識して自分を生きる時に
それも自分でクリエイトできると
自覚できるのではないでしょうか。

まさにそんな「生」をシンボルするかのような
今年のブルームーンからのメッセージだと思います。

ミシェルメイ美菜子☆