アラカルト

悩ましくも元気な海王星☆


昨年後半から今年いっぱい、ドラゴンラインと魚座の海王星のT字スクエアというアスペクトが出来ていまして、
それは要注意な相でもあり、今で言うならコロナ禍そのままを示しているものです。

それは、海王星という天体が示すものからきていますが、それがそもそも沢山あります。

伝染病、病人、癒し、薬、オイル、依存性、中毒、アルコール、海、川、水、魚、船
見えないもの、埋まっているもの、波動、地下
音楽、ダンス、歌、映像、コスプレ、デコレーション、心理学、精神疾患
他にも、ランジェリーや靴も海王星の領域で、これらは魚座の領域とかぶっています。

 

エッセンスで言うと「境界線がはっきりしない世界」「変性意識」「見えるんだか見えないんだか」ということ。→例えば音や声は聞こえても見えませんよね、下着も一見したところ見えませんね。

 

前置き長くなりましたが、
海王星はもともと魚座の支配星なので、魚座に海王星が在位する現在は、
サイコーに元気な海王星! ということになっています。

サイコーに元気というと聞こえは良いですが、
上記の海王星の要素あれこれが元気いっぱいに網羅する…みたいなことにもなり、私たちにはあまり都合良くないものも多数あるわけで、
伝染病が蔓延…というのは代表選手でしょう。

 

ここで忘れちゃいけないのが、
海王星は2012年から2024年くらいまでは魚座にいるということで、この先も続いています。
ドラゴンラインとのタイトな形はあと今年いっぱいですが、“サイコーに元気な海王星”はまだまだ健在していくということです。

というわけで、
海王星が魚座に入った頃から「大雨・冷え・水災害・雪」には注意ね!とお話してきましたが
その頃コロナなんて存在してませんでしたので、そんなお話をよくしておりました。
今は「伝染するもの」として世界中に蔓延しているわけです。

 

そして実はもう一つ背景があって、
水瓶座の土星と牡牛座の天王星が作り出すスクエアというアスペクトからの背景です。
これは、私たちに、
技術の進歩を強制的に行わせたりします。→進歩なので良いと言えば良いのですが、強制的なので、つまり「せざるを得ない」という状態がくっついてくるものです。来年いっぱい。

サイコーに元気な海王星 という時代背景に
天王星が関わって、土星も加わっていて、
そこに「火星」の引き金が引かれれば、コトは必ず大きなコトになりやすいものです。

夏場は乙女座の火星が効いて、
乙女座分野が戦場→乙女座分野は医療が代表選手。
9月後半からは、火星が天秤座に進行しますが、
そうすると山羊座の冥王星との関係性も加わることになり、
「宗教や民族(血)の課題」がクローズアップされる伏線も。

とはいえコロナで言えば
来年2月には、明るい見通しが立っているのではないでしょうか。
元気な海王星を取り巻く周囲の星回りが変わるからです。

 

“元気な海王星”は私たちにとって困ることも色々ありますが、
未知なるものとのコミュニケーションなんかは来年から大いに期待値上がる分野でしょう(かなりコアですが。。)。
映画やゲーム、ファンタジー、心理学の分野なども、来年からは「元気な海王星」を反映していくかもしれません。

 

ミシェルメイ美菜子☆

 

鏡の法則や自分を受け入れるレシピが載っている!
幸せレシピの本はこちら

幸せになるための極意本「なぜあなたはまだ幸せではないのか?」好評発売中!

星を学んでみたい人はオンラインサロンがお勧めです!
オンラインサロンは会員制の有料サロンです(月額3900円)。
お申し込みは

~ミシェル式心理占星術サロン~


↑こちらページの下にある購読ボタンから!