アラカルト

なりたくない人物にならない為に☆


深層心理を読むことは
自分をチェックすること ですね。

 

それをすると何がいいのか?変わるのか?
ということのお話であります。

 

私たちの行動は普段、意外と無意識に判断して行動していることが多いのです。

 

例えば、○○さーん!って呼ばれたら、振り向いてはーい!って返事をするのも、
あー電車が来ちゃうわ早くしなくちゃーみたいな動作なども、
デート中に雨が降ってきてとっさにどうする?なんて判断やら行動も、
お家に帰ってきて、あー疲れた~と荷物をその辺に置いたりすることも、

多くの「何気ない行動」になっていたりするわけですね。

 

こうした
何気ない行動ゆえに特に意識はしない…ということほど
無意識に左右されていたりします。

 

ところでさて

周りに「あんな風になりたくないなー」という感じの存在はいますか?
きっといるのではと思います。

 

「まったくパパはいつもそうなんだから!ほんと嫌!」(もちろんパパでなくてもいいんですよ)とか
「あの人ってどうしていつもああなのかしらね~」
みたいな存在。

 

内容は色々個人によって違うと思いますが、

自分の奥底にあるものと向き合うのでなく、他者の嫌なところを単に日頃から忌み嫌っていると、

たいてい
「やだなぁ、ああいうの」みたいな人に、

 

なぜだか、

 

いつのまにか

 

知らないうちに

 

自分がなってしまう…!

…という可能性がかなり高いのです。

 

それは自分の無意識の世界を放置しているからです。

無意識の世界からの作用はことのほかパンチがあるのです。

 

自分に限ってそんなことはない

という感覚があれば
かなり危険信号でしょう。

 

ですから
ちょっと客観的に自分をチェックすること
つまり
自分と向き合うことは
とても大切なのです。

 

なんのために?

豊かな人生の為に、ですね。

 

長くなるので今日はここらへんにて。

 

ミシェルメイ美菜子☆

★ミシェル・メイ・美菜子著 “幸せになるための極意本”
「なぜあなたはまだ幸せではないのか?
~あなたの幸せな未来をつくるミシェル式生き方レシピ~」はこちら

*毎月の運勢や役立つコラムをお届け!メルマガ登録はこちら
*鑑定の詳細はこちら