アラカルト

嬉しい時、悲しい時☆


嬉しい時や悲しい時に

理由がはっきりしている人は要注意!

 

なぜなら

素直な自分がわかりにくくなるからです。

 

つまり、

そもそも
嬉しい!とか、悲しい…とか
寂しい…とか、可愛い!とか

そういう気持ちには本来
理由はないのですが
(好き!に理由はいらないのと一緒)
なぜかちゃんと理由がはっきりしている
ということは、

 

理屈でみんな理解しようとしていることになるのです。
左脳的なやり方ですね。

(→おまけにそれは習慣になっていることでしょう!)

 

確かに、理論や理屈が大切な場面もありますが、
自分の気持ちにまでみんなくっつけなくてもいいわけです。

→いつも理にかなった気持ちなんて、不自然ですよね?

 

そして
左脳的な思考回路ばかりになってしまうと

次に辿る道は、

素直な表現がしにくくなる(できない)

というわけでありますよ。

 

●●だと●●だから私は嬉しい。

●●が●●で私は悲しい。

便宜上、そんな言い方はあるでしょう。

 

でも
厳密には

ただ、悲しく
ただ、寂しく
ただ、嬉しく
ただ、可愛い!

だったりするわけですね。

 

そして最も重要なことは

素直な自分はもっともパワフルな自分!

という事実。

 

だからね、
素直な気持ちで話してみて
とか
あなたの素直な気持ちをぶつけて
なんて言われた時に

 

えーっと、素直な気持ちってなんだっけ?

 

…と、ならないように

たまにはちょっと意識してみて下さいね。

 

気持ちにいちいち理由づけをしていないかどうかを。

 

なんたって

素直な自分はパワフル!

 

なんですよ、本当は。

 

 

★ミシェル・メイ・美菜子著 “幸せになるための極意本”
「なぜあなたはまだ幸せではないのか?
~あなたの幸せな未来をつくるミシェル式生き方レシピ~」はこちら

*毎月の運勢や役立つコラムをお届け!メルマガ登録はこちら
*鑑定の詳細はこちら
*お問合せはこちら